『コンゴ コパーデ組合 ローランドゴリラ』販売開始のお知らせ

こんにちは。青空豆店です。

8-9月の限定豆は2021年度アフリカ豆第三弾となるコンゴ の珈琲豆をご紹介します。


アフリカコーヒーの美味しさの秘密と言われている大地溝帯(グレートリフトバレー)。

その西リフトバレーに位置する産地がコンゴ民主共和国です。近隣国にはエドワード湖をまたいでウガンダが位置し、その下にはルワンダがあります。


香味は「花・紅茶・チェリー・ライム」といった色々なものが口いっぱいに広がり、そして鼻に抜けます。 豊かな味わいでアフリカのポテンシャルの高さを感じてください。


コパーデ組合は、2014年に設立されました。今では女性1,732 名、男性2,786 名で構成されたこの組合は、それぞれの集落に設置された16のミニウェットミル(小さな加工場)を所有し、 品質向上に取り組んでいます。今までこの地域のコーヒーは、隣のウガンダからバイヤーが訪れ、ウガンダへ運ばれていましたが、その美味しさに気づいた小農家の皆さんが自主的に自分たちのコーヒーを自らの手で最高のものに仕上げようと小さな組合が出来上がり、徐々にその規模を拡大していきました。 今では、ロンドンに拠点を置く「Farm Africa」がEUプロジェクトとしてこのコパーデ組合ともう一つの組合を大きく支援し、コーヒー栽培技術の向上、精選方法技術の向上、環境保全活動のための環境教育とその具体的な活動をしています。

環境保全活動は、広大な歴史あるビルンガ国立公園内のローランドゴリラを含めた野生動物の保護活動を中心とした環境保全をしています。


ビルンガ国立公園はコンゴ民主共和国の東側に位置し、その地域は数多くの紛争が起きた地域でもあり、その動乱の中何としてもこの豊かな自然を守り抜こうと地域住民と民間セクター、国際組織が手を取り合い協力体制で活動をしています。その一環で、農業改革プロジェクトを開始し、コーヒーを含めた地域住民の生産量増加やマーケティングを行い、自然とともに生産者の生活向上を果たしています。


今回はクォリティの高さを感じていただきやすいシティローストとハイロースト で焙煎します。


---
ハイロースト(浅煎り) 700円(税込) / 100g 8/27(金)より販売開始
シティロースト(中深煎り) 700円(税込) / 100g 8/27(金)より販売開始
---

青空豆店 / 東京杉並区・永福町の自家珈琲焙煎所・コーヒー豆専門店

営業時間: 11:00〜19:00 定休日: 毎週火曜日 住所: 〒168-0064 東京都杉並区永福4-10-4 TEL&FAX: 03-6323-3958